MENU

賃貸物件の下見

賃貸物件を不動産屋で紹介してもらうという場合には、賃貸物件の下見に出かけることが多いと思います。賃貸物件の不動産会社が紹介してくれる際の下見では間取り図を元に、いろいろとチェックするポイントがありますから確認してみましょう。まずコンセントの数というのは適当であるかどうか、そして使いやすい位置に混戦とがあるのかどうかも考えてみるのがいいですね。そしてテレビの線や電話の線についてもよく確認してみましょう。女性の場合には、特に収納場所があるかないかでは部屋の雰囲気も変わってくると思いますし、部屋を選ぶ条件も変わってくると思いますから収納についても賃貸物件の下見の際にはよくチェックしておくのがいいのではないでしょうか。賃貸物件のチェックではもちろん日当たりや、窓の位置などもチェックする際のポイントになると思います。よく賃貸物件の下見に行く人の多くが、部屋の確認はするけど、環境をあまり気にしていなかったという話をよく聞きます。実際に住んでみると環境があまりよくなかったとか音がうるさかったということがありますから賃貸物件の下見をする際には周りの環境などもよく確認しておきましょう。不動産会社の人と一緒に行くケースはほとんど昼間だと思いますが、もしも気に入った物件があったのであれば、自分で後ほど夜にもう一度周辺を散策してみるというのもいいかもしれませんね。夜にしかわからない環境や音などもあるかもしれません。

 

そして女性の場合には賃貸物件のセキュリティー対策についてもよく確認しておきましょう。部屋のセキュリティーはもちろんですが賃貸物件そのもののセキュリティーに関してもきちんと確認しておくことが大切です。また、部屋へ行くまでに見えると思いますが廊下や共有部分はどうなっていますか?きちんと掃除が行き届いているかなどもチェックしておきましょう。駐輪場は整備されていてゴミ箱やゴミ置き場の整理もされているかなどもチェック項目になると思います。賃貸物件一つ決めるのにここまで下見の段階でチェックするのは大変だと思っている人も多いかもしれませんが、やはりしっかりとチェックしておかなくては、後々住んでからトラブルになったり退去しないといけないことになったりしますから、最初の段階できちんとチェックしておくということが大切なことだと思います。このチェックを怠ることで後々面倒なことになるのは嫌ですからしっかりチェックしておきましょう。

いい賃貸物件の探し方

 

賃貸物件をインターネットで探しているという人は多いと思います。ほぼリアルタイムの情報がネット上では流れていますから、それを見て不動産会社にいざ問い合わせをしてみると、その物件はすでに決まったと断られることもよくあります。ネットに今掲載されているのに、そんなにすぐに賃貸物件が決まるのかと不思議に思っている人もいると思いますが、おとり物件としてネット上に掲載している不動産会社が多いので注意しましょう。
ではおとり物件にばかり踊らされていてなかなか自分の賃貸物件を探すことができないとやきもきしている人は、そのインターネットのサイトが新鮮かどうかをチェックする必要があります。更新はいつ行われたのか、いつから掲載されている物件などかということをよく見てみましょう。また他にもインターネット上で賃貸物件を検索する人のために、いろいろとサイトの紹介があったりランキング形式でいいサイトを紹介しているところもあります。そんなサイトで探せば、賃貸物件でよいものを見つけられるサイトをまず探せると思います。
そのネットの情報が信頼できるもので、新鮮な情報なのかどうかがいい賃貸物件の探し方になります。1週間以内に更新されているような物件には★印が付けられているようなサイトもありますから、そのようなサイトを上手に使い分けながら、さがしていくといい物件を自分でもネット上で探すことができるようになりますので、まずはいい賃貸物件検索サイト選びが重要です。

賃貸の入居審査の書類

賃貸に入居する際に必要な書類についてですが、どんな書類が必要なのか紹介していきたいと思います。不動産屋や大家さんなどによって賃貸の入居する際に必要な書類というのは違っているのですが、一般的には住民票、印鑑証明などというのは必ず必要といってもいいと思います。まず連帯保証人と本人の源泉徴収などの本人だとわかるための書類は必要ですね。自分の収入などは特に入居審査では必ずと言っていいほど必要になってくる書類ですから連帯保証人の源泉徴収も合わせて用意しておくようにしましょう。そして本人の印鑑証明はもちろん必要なのですが、保証人の印鑑証明も必要です。賃貸物件を管理している不動産屋や大家さんによっては、これから入居する人の顔写真を提出しなければいけないケースもあります。やはり顔もわからない入居者を入れておくというのは防犯上もあまりいいことではありませんから、顔写真をチェックするといった意味で用意が必要になるのではないでしょうか。賃貸物件入居にあたって用意するものというのは不動産会社から指示が出ると思いますが会社によって違っています。ですから、入居前に確認しておくというのが一番だと思います。

 

絶対にしてはいけないこととしては、入居審査の申込書に真実を書かないことです。中には自分の身分を偽ったり、嘘を書いて入居審査に通るようにしている人もいるのですが、賃貸に万が一入居できたとしてもばれた時には、すぐに契約解除されて部屋を出ていくことになりますし、もっとひどい場合には、詐欺罪に当たるとして訴えられたりします。会社によっては在籍証明書を発行したり架空に収入証明を上げるところなどもあるようなのですが、それは絶対にしてはいけないことですから気をつけましょう。もしも不動産会社の営業マンが、このままでは入居審査に引っかかる場合があるので架空で書くようにと言ってきたという場合があったとしても、そんな不動産会社から賃貸物件を借りるほど馬鹿なことはありませんから注意しましょう。不動産会社の人に勧められたからと言って、ばれた時に言ってももう遅いのです。不動産会社の営業マンは色々と賃貸物件を借りてもらうためならと思って試行錯誤していきますが、それほど危ないことはありませんからよく考えたうえで行うようにしましょう。賃貸の入居審査に通るためには書類の不備も無くすようにしましょう。書類に不備があると貸してもらえません。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク